オールオン4が快適

オールオン4の治療とは

トップ / オールオン4の治療とは

オールオン4と従来の治療の違い

オールオン4は、総入れ歯や失った歯の本数が多い人のための最先端のインプラント治療の方法であり、従来の方法とは大幅に異なる点があります。従来のインプラント治療では、歯を失った部分の直下のあごの骨にインプラントを埋設して人工歯を据え付けるのが基本であるため、失った歯の本数が多いほど、埋め込むインプラントの本数も増えてしまうのが通例でした。その点、オールオン4であれば、斜めにインプラントを埋め込んで人工歯にかかる力を分散させるため、片方のあごに対して4本のインプラントがあれば治療が可能となっています。

インプラントの自由診療について

インプラントの治療は高額医療であると同時に基本的に自由診療です。自由診療と言うのは健康保険が適用しないものです。病院などで治療を受けた場合は、国などが一定の割合を負担してくれるため、自らが支払う金額と言うのは3割などの費用のみで済みます。例えば、1万円の治療費の請求が有った場合は、3000円を支払えば良いと言う事です。しかし、インプラント治療は1本あたりの治療費が10万円となった場合は、全額自己負担する事になります。但し、この負担は医療費控除を受ける事で所得税の一部を取り戻せると言う措置が取れます。

歯を失った時の情報