インプラントの知識

インプラントを受ける時は

トップ / インプラントを受ける時は

インプラントの手術ができない例

インプラントは誰でも入れられるわけではなく、入れてはいけない場合があります。例えば、血友病などの血液疾患や免疫疾患を患っている人、がんなどの化学療法が行われている場合、また、神経症などの精神疾患がある場合などです。また、成長期にある若年者も避けたほうが良いとされています。さらに、ブラキシズム、つまり歯ぎしりの強い場合は成功率が下がるため望ましくありません。以前は、糖尿病や高血圧、心臓病なども治療できないとされていましたが、現在では技術も成熟し、これらの疾患がコントロールされていればインプラント埋入には問題ないとされています。

治療を受ける前に知っておくこと

インプラントはとても優れた歯科の治療として注目されていますが、誰もが利用できるわけではなく、健康な方、骨の状態が良い方が行なえる治療です。それゆえに健康に不安がある方はまずは治療ができない場合を知っておきましょう。まず、重度の糖尿病のある方は抵抗力や免疫力が低下し、歯周病にもなりやすいので、向いていないようです。さらに、血圧が高い方も治療が難しくなる場合もありますし、そのほかにも腎臓病の方、心筋梗塞や脳卒中を起こした方も治療は難しくなるようです。さらに放射線治療を受けている場合も治療ができませんし、喫煙者も治療がうまくいかないなどのリスクが高いとされています。こういった例を理解した上で、インプラント治療が可能かを医師に相談してみてください。

歯を失った時の情報