インプラントの満足度

インプラントを受ける環境

トップ / インプラントを受ける環境

インプラントと金属アレルギー

インプラントでは金属アレルギーの方でも利用できるようにセラミック素材なども活用されており、患者さんに喜ばれるようになってきております。こうした素材など歯科治療の内容も多様化が進められてきており、満足できる人気の治療プランへと進歩してきております。通常インプラントは、高度なデンタルケアに関してのサービスも目的別化する治療内容となり、アレルギー体質の人に求められる傾向になっております。また審美歯科という観点からシーラントなどの併用も、医療サポートの整備がされて、誰でも信頼度の高い環境になっています。

金属アレルギーへの対策

インプラント治療で用いられる人工歯は、主に金属のフレームにセラミックを吹き付けた構造となっているタイプが主流となっていますが、金属アレルギーを持つ人のため、金属を使わずに全てセラミックで製造されたタイプや、金属の代わりにジルコニアを用いたタイプ、セラミックとプラスチックを混合したタイプなど、さまざまなタイプが開発されています。なお、人工歯を固定するインプラント部分については素材としてチタンという金属が用いられていますが、チタンは耐久性や強度に優れる特性だけでなく、金属アレルギーを起こしにくい特性を持っています。

歯を失った時の情報