インプラントの力

インプラントの構造とは

トップ / インプラントの構造とは

インプラントって何でしょう

インプラントとは人工の埋蔵物のことで、歯科におけるものは人工歯根のことです。虫歯や歯周病など何らかの原因で歯が欠損してしまった場合、従来では差し歯や部分入れ歯をして補うのが一般的でした。しかし、これらは健康な歯を支えにして装着するために、健康な歯までにダメージがあったり、イメージが悪くなるなどのデメリットもありました。いっぽうでインプラントは、顎の骨に直接歯根を埋めこんで、その上に人工の歯をかぶせるもので、天然の歯とほとんどかわらないほどの強い力でものを噛むことができます。

高額なインプラント治療を選択

多くの人が自由診療であるにもかかわらずインプラント治療を選択しています。その理由はどこにあるのでしょうか。インプラントが優れているのは天然の歯と同じような感覚で使用できることです。メンテナンスはブラッシングで行うことが出来ますし、食事も普通に行うことが出来ます。また見た目にも天然の歯とほとんど違わないため、外見に余計な気を使う必要がありません。実際にメンテナンスをきちんと行うことで20年以上も長く使用している人はたくさんいます。これが、高額でもインプラント治療を選択する理由でしょう。

歯を失った時の情報