インプラントの見た目

注目を集めるインプラント

トップ

インプラントによる新しい治療法

インプラントとは人工物の挿入による治療法の総称で、現在では歯の矯正治療法の一つに数えられています。歯の治療といえば、入れ歯やブリッジなどが連想されますが、どれも不便を強いられるデメリットが挙げられます。取り外しの煩わしさだけでなく、見た目の不自然さやしっくりこない噛みあわせに至っては、これらの共通された欠点と言えます。一方、インプラント治療では、人工物を取り外すことなくそのまま保てるほかに、見た目や噛みあわせに違和感なく発揮できるのが特徴になります。治療期間が長期にわたるなどの欠点を考慮すれば、歯の矯正法としては最高の技術と言えます。

矯正にも役立つ治療法について

インプラントというと、歯を失った場合に新しい歯を作るための治療として知られています。違和感も少なく、噛む力も強く、周りの歯に負担をかけずに治療を行なえるなど入れ歯やブリッジの欠点を補える治療として人気となっています。そして、インプラントは歯を失った場合の治療としてだけではなく、矯正治療にも利用されています。この場合はずっと埋め込んでいるのではなく、治療のとき、一時的に埋め込むもので、あとから取り外すこととなります。基本的にはワイヤーを使った一般の矯正治療と同じようになりますが、歯を動かすのに役立ち、治療がより早く進むということで注目されています。

歯を失った時の情報